リスクが低いワンルームマンションの投資|様々な対策ができる

家賃収入を得るために

マンション

マンション経営に成功するためには、マンションを購入する土地の選び方が重要です。また、大家として入居者に不満が出ないように様々なフォローをする事も大切となります。ゴミ問題や騒音問題はしっかりと解決しましょう。

More Detail

家賃の相場の調べ方

つみき

家賃相場は路線の種類やターミナル駅からの距離によって異なるものです。駅からの距離や周辺の商業施設などにも影響を受けます。さらに賃貸需要がどの程度あるのか、あるいは今後どのような動向が予測されるのかによっても左右されるものです。

More Detail

期間を限った賃貸物件

男性

期間を限って賃貸を貸したいという人にとって、リロケーションは一定期間だけでも賃貸収入を得ることができるので便利な手法です。また、借主にとっても、通常の家賃相場よりも安い価格で借りることができるのでメリットがあります。

More Detail

不動産で節税・年金対策

集合住宅

節税・年金対策

最近は投資用のワンルームマンションを購入する方が増えています。投資用のワンルームマンションを購入することについてのメリットについて説明いたします。マンション購入というと、高い買い物だけにハードルが高いように感じることと思います。しかし、現在は、一定の収入があれば頭金が無くてもローンを組んで、マンションのオーナーとなることができます。マンションを購入いたしますと、ローンを組むことから、税金が一定額控除されます。ローンを組む際には、団体生命保険に加入しますので、万一のことがあっても保険からローンの残債が支払われますので、家族に負担をかける心配はありません。ローンが完済すれば、家賃はすべて自分の収入となりますので、若いうちにローンを組んで、定年間際に完済するようにしますと、自分の年金として家賃収入が入りますので、先行き不透明な公的年金制度に心配することなく安定した収入が入ることとなります。

留意すべき点

投資用のワンルームマンションが節税対策になることと、将来の年金対策になることを前段で説明いたしました。節税対策と年金対策になると聞けば、いいことずくめのようですが、留意すべき点が何点かあります。まず、購入する投資用ワンルームマンションの立地についてよく調べて購入することです。どんな物件でもいいというわけではありません。交通アクセス、周囲の公共施設や公園、スーパーなどを良く確かめて、空室にならない立地であることが求められます。また、過大な物件を購入したもののローンが払えないということのないように、自分の収入に合わせたローンを組むことが肝要です。不動産業者としては、少しでも多くの物件を売りたいという心情が働きますので、その不動産業者が、信頼できる業者かを見極めることも大事です。その見極め方としては、ホームページ等で、会社の規模、販売実績等から推測できます。強引に販売しようとする業者は避けるべきです。